« 小耳に挟んだ話し | トップページ | 水漏れ修理その後 【2】 »

2010.05.30

燃焼室内カーボン除去

005 ☆ライターはうららです

ノッキング音

小耳に挟んだ話し・・・こんな前振りしておいての本題。
ガソリンチェンジなどもやっぱり?気休めだったらしくノッキング音の出るウチのルポG、本格的にカーボン落としを実施してみました。

使用したケミカルは画像のNUTEC NC-900RCR パワーカーボンリムーバー


そんな作業内容を少しばかり

今回の施工はECUにエラーが出る可能性があることやご使用上の注意 この製品は店頭施工専用品です。この記載の影響もあってショップにて施工して頂きました。

施工はゼペットさん

このNC-900RCRはプラグ孔から泡状の溶剤を入れてカーボンを除去する優れモノ。
020
まず始めにエンジンをしっかりと暖機してプラグを4本外して燃焼室の容積を整えるためにピストンの位置を揃える。位置が分かりやすいように割り箸を4本,各プラグ孔に入れて出具合を見ながらクランクプーリーを回して調整(プーリーを回し易いように右フロントタイヤ外してます)

画像は撮れなかったけどプラグ孔から覗いたピストンヘッドにはテンコ盛りって状態じゃないがシッカリとカーボンが付着してましたよ(゚ー゚;
021
付属の長いチューブで溶剤の注入。
(ペンライトで中の様子を見ながら泡がプラグ孔から上がって来るあたりまで4ヶ所に注入)

5分く036らい放置後、泡が引いてきたら2回目の注入をする。
そして30分から1時間くらい置いて溶剤が各部に浸透するのを待つ。
んで30分後、何故か撮れたこの画像でカーボンがふやけて浮いてる(塗装に剥離剤をかけたような)のが分かりますかね?

ところでルポの場合ここまでで使用したNC-900RCRは3分の1くらいで、まだたっぷりと残ってるのでインテーク側からも注入してやりました。
031
この注入した溶剤を抜き取る必要があるわけですがオイルの上抜き時に使う真空式のポンプを使用。
見る見る吸い出されますよ汚いヤツが・・・

045

その吸い出した溶剤がコレ。
撮影用に溶剤を少し捨ててカーボンが分り易くした画像なんですが、黒いチップ状のものがこの時点で取れたカーボン。

そしてプラグを付けてエンジン始動、もっとかかりにくいだろうという予想は見事にハズレて、いとも簡単にエンジンはかかり、これまたいとも簡単にアイドリング。
何か燃えやすい成分が含まれてる?
037_2このエンジン始動で白煙が凄いだろうと思ってたけどこれも予想ハズレ、始動時に少し出ただけでスグ白煙は消えました。



そしてふやけたカーボンを焼き飛ばすため外で回転を上げ気味にして周回して帰って来て、

038_2

今一度レーシングしてやると出る出る黒い液体。
チップ状のモノはありませんから触媒等に引っかかってるってことも無いでしょう。
041

アップにするとこんなの。

こいうの見ると効果に期待しちゃいますよね♪

溶剤と溶けたカーボンがピストンリングの隙間から落ちてオイルを傷める可能性がありそうなので施行後スグにオイル交換をしたのですが溶剤自体はオイルに混じっても問題無いように作られてるようです(施工の注意書きに書いてあった)いずれにせよ施行後にオイル交換がベストだと思いますけど。

043ところでピストンリングに噛んだカーボンも落としてリングの張りを取り戻すからでしょう、圧縮圧力もアップするとありましたが、それを実証して見せてくれましたよ。
施行前と後で測ってたのですが各気筒でコンマ1から2くらいアップしました!これには店長さん共々ビックリ。
062

リングにも効いたんでしょうね。



施行後の欲しい画像としてキレイになったピストントップってのがありますが、残念ながら撮れませんでした(゚ー゚;
1番の落ち具合が少し劣ってましたが全体的にキレイになりピストンのアルミ地が見える状態でした。
今思えば圧縮圧力の測定結果にもその辺が表れてるような気もします。

一連の作業を終えてオイル交換。
003

今回はモチュールからフックスにちょい浮気(笑
これもVW認証ロングライフオイルです。

0531年無交換だった抜いたオイル。
トレーの上にホイールがあったんで写り込んでます、廃油にホイールを浸けた訳じゃありません(笑
溶剤の影響は謳い文句通り無かったようですよ。


これでインプレと行きたいところですが今日は昼から仕事なんで今度にしよう(゚ー゚;

ゼペットさん、面倒な作業ありがとうございました。
残ったオイルとNC-900RCR、持って帰るの忘れてた・・・
また寄らせて貰いますんでよろしくです。

Google1041

最後に掛かった費用

|

« 小耳に挟んだ話し | トップページ | 水漏れ修理その後 【2】 »

コメント

書き忘れたけど結局ECUにエラーは出ませんでした。
イグニッションへのコネクター抜いて何回もクランキングしたりしたけど影響無いんですね。
注入した溶剤を抜き取る方法は他の方法(プラグ抜いて上にウエスでも被せてクランキングして吹き出させるとか…)でも可能なんでDIYでも施工可能の手応えはありました。
まっ、ゼペットさんとか知識のある所での施工が安全パイではあります

インプレまだ書いてませんが、平坦地では意地悪な運転してもノッキング出なくなりました♪
詳しくはまた書きますが能書き通りの効果ありかと。

投稿: うらら@東広島 | 2010.05.30 13:53

すごい興味深いです。私の車、分類上から言うと過走行車ですので。
でも、仙台近辺で取り扱ってるところはなさそう。
かと言ってDIYでやる自信もなし。
それにオイル込みとは言え、値段的に厳しいかな。

投稿: ほり | 2010.05.30 21:07

ほりさん
どうもです

んん~ ほりさんには分かって貰えるんですね…良かった^_^;
ウチの場合、ゼペットさんにニューテックからこんなん出てるから取り寄せて下さいって所から始まりました。
営業の方が取説ならぬ施工説を持って来てくれたようで。
ショップに相談してみてはいかがでしょう?
ぶっちゃけ、ほりさんさんならDIYでイケそうですけど♪
直噴だし燃焼室リセットしてやれば、お~っ!ってな感じになるかもですよ。
オイル交換しなけりゃ、まあまあのコストかなっと(¨;) この手のケミカルにしては値段高めですが…

投稿: うらら@大阪 | 2010.05.31 12:48

あぁ、この記事が10日早かったら… orz
先週、車検前整備として、一般的なケミ使ってのカーボン落としとオイル&フィルタ交換をした直後なので、貧乏性な自分としては、NUTEC NC-900RCRは当分試せそうもないです。

施工後の溶剤抜き取り方法ですが、「クランキングで吹き出させる」のは、上にウエスを被せてあっても、やはり惨劇wが予想されます。
ディスポーザブルなシリンジ( http://www.amazon.co.jp/STRAIGHT-ストレート-シリンジ-50ml-19-87041/dp/B002WREQT0/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=diy&qid=1275282003&sr=8-2 とか)に適当なシリコンホースでも嵌めて、地道に吸い出すってのはどうでしょう?
オイルチェンジャーと比べるとまどろっこしいですが、溶け出したカーボン入り溶剤をエンジンルームに打ち撒くリスクは無くなるかと。

>ほりさん
NUTECのwebページを見ると、仙台市太白区のタイヤ館286が施工(power up program)を行っているようです。

投稿: 青蛙 | 2010.05.31 14:17

青蛙さん
お久しぶりです

10日遅くてすみません^_^;
確かにクランキングは乱暴な(笑
携帯なんでリンク先が見えにくいけど、チップ状のカーボンが出るのでチューブはオイルチェンジャー並みに6mm前後は欲しいかな?
カーボンぎっしりのエンジンだとこの時点で相当の量出て来そうです。
チューブの長さはピストントップを揃えたらそれほど深くないので見つけ易いような…
このピストンの高さ調整にはチョンチョンと回すクランキングが使えます。
このケミカル値段高めですがゴルフあたりでも2台は余裕で施工できそうなんで、お友達とペア施工なんてのもいいかも。

ほりさ~ん
青蛙さんがイイ所見つけてくれてますよ~(笑

投稿: うらら@大阪 | 2010.05.31 20:46

教えていただいたタイヤ館286が定休日だったので、タイヤ館八乙女の方に問い合わせてみました。結果、薬剤+工賃で約2万円でした。
エンジンの違いがあるとは言え、工賃がうららさんの倍近かったです。ちょっと気分が萎えました。
まあ下手なチューニングパーツを買うよりは安いですし、効果もさることながら精神衛生上も有効ですので、お金をかけてもやる価値ありと思ってます。
ただ、納車時にオイル交換をしておりまだまだ新しいので、来年の一年点検前後まで保留にしようかなと。
念のため、明日以降286にも問い合わせてみようと思います。

投稿: ほり | 2010.06.01 21:48

ほりさん
えらく工賃違いますね~^_^;

言われるようにゆっくりと、点検に合わせてが正解でしょう。
ほりさんのTwitter何度も覗くんですが、読み方からして分からない…オヤジが首突っ込むとこじゃないですね~(¨;)

投稿: うらら@大阪 | 2010.06.02 15:50

286にも問い合わせました。薬剤+工賃で約1.2万円でした。ムラッと来ました(笑)。
こうなると早めに施工したくなるところですが、やはり年末(12ヶ月点検前)まで待とうと思います。
でも気が変わるかもしれませんが。

Twitter、そうですねぇ、確かに何がおもしろいのか分かりませんよねぇ。
私もやってはいるものの、有効活用できてるとは言い難いです。
まあ個人記録+情報収集が主目的なのですが、やはり記録を残すのには限界がありますね。
まあいつでもやめられますので、一度始めてみてはいかがでしょう。

投稿: ほり | 2010.06.03 01:25

同じタイヤ館でも相当違うじゃないですか^_^;
どれくらいのカーボンが蓄積されてるか?立ちあってみたいですね~。

Twitter、やっぱり読み方が(笑
上から読んだり下から読んだりしてみるんですが、話しが繋がらない^_^;

だ~めだコリャ(笑

投稿: うらら@管理人 | 2010.06.03 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24491/48493500

この記事へのトラックバック一覧です: 燃焼室内カーボン除去:

« 小耳に挟んだ話し | トップページ | 水漏れ修理その後 【2】 »