« 2010 元旦 | トップページ | 前記事の件・・・ »

2010.01.11

シフトフィールを弄ってみる

031 ☆ライターはうららです

ウチのルポGのシフトフィールは、カシュカシュっと節度感あるもので以前乗ったゴルフⅤGTIのMTやポロGTIのMTとは少々フィールが異なってます。
ゴルフとポロは少しばかりグニュっとした感触がありますよね、でもってポロはゴックンっと入る感じ?

どちらが良いのか?どちらが正規のフィールなのか?これは別にして、このシフトフィールを調整することも出来ます。
んでもってルポGでよく聞く1速の引っかかりを改善出来るかも・・です。

ルポGはFFなんでミッションとシフトがダイレクトに繋がってなくケーブルで繋がれてるのですが、このケーブルの長さを調整してやることでフィールの変化や各ギヤでの引っかかりに対応出来そうです。
Photo縦方向のストロークと横方向のストロークがありますが、今回は横方向のストロークを微調整してやります。




013_2ミッションに2本のケーブルが繋がってますがフロント側から見て奥側のヤツが横方向のストロークを受け持ってます。
(画像の矢印の方)


010ya_2このケーブルのバネの先に黒いダイヤル状のモノが付いてますが、このダイヤルをバネを縮める方向にグイーっと引っ張って、反時計回りに回してやると調整し易いように縮めた位置でロックされます。(矢印の部分を手前に引っ張ってロック)

上の画像にもあるようにケーブルの先にネジが切られてて、そのネジ山を3本の爪でくわえ込みケーブルの長さを調整すようになってます。
Yaziそれを横から見たのがこの画像で、ネジの一山分、元の位置からズラシても結構変化しますので長くするか短くするかで何度か試して運転席でチェックを繰り返せばOKかなと。
この下の画像の矢印は元の位置を示してるんですが色が若干違ってるのが分かりますかね?
爪の噛んでる部分は汚れてないので光具合が良いですよね、この位置が分からなくなると基準が分からず困ることになります。
マーキング出来ればいいんですが、どうでしょう?
この基準から伸ばすか縮めるか微調整しながらチェックしますが、大きくずらすと1・2速の列が入らないとかリバースが・・とか、或いは全くどこにも入らなくなったりするので、そういう意味でも基準は大事です。
チェックする時は1~6速&Rの全てのギヤに入れてチェックしないと上記のように1箇所だけ入らなかったりもするんで念入りに入り具合をチェックします。

ウチの場合は1速に限り停止時に引っかかりが出ることが稀にありました。
007mその調整法なんですが、ミッション側でシフターのウエイトを持ってガチャガチャ動かしてみるのですが、このシフターをそのまま青矢印のように動かすと3・4速で上に引っ張って動かすと5・6速、下に押して動かすと1・2速というようになってます。
これを繰り返してると下に押して後ろ側へと動かしたとき(1速の位置)にだけケーブルの繋がってる黒いレバー(赤矢印)が緑矢印の部分を支点にクッと上にせりあがってる事に気付き、これが抵抗になってるのかも?と思い上記のケーブルを微調整してせり上がらないようにしてみました。この時、他のシフト位置でせり上がらないことも確認します。

この調整後は1速の引っかかりが全くとは言えませんが、ほとんどなくなりました。しかしながら、この動きを理解してもらうのは難しいと思うんですよね(・・;)
ほんの少しのせり上がりなんで動画でも難しそう・・・
それでも色々と試してみる価値はあると思うんですけど・・・いかがなもんでしょう?
オフ会などで違うルポGに乗ってみたらシフトのフィールが全然違ってて、ソレの方が好みであるとか、1速或いは5速とかで引っかかる症状が出てるとか、気になる方は自分でやる自信がない場合はディーラーででも調整してもらうってのも良いかなっと思います。

DIYでって方はシフターを動かすと運転席で確認したら分かるように実際にギヤが入った状態なのでエンジン始動時はニュートラルを確認して下さいね。

関連として
noguzziさんの「乗り物三昧」 {完治}

クラッチのO/Hのためミッションを降ろした訳ですが・・・

この中に
それと、何故かシフトフィールまで変わってしまった。
降ろしたのはクラッチハウジングだけなので、当然ミッションオイルも交換していない。ハウジングを降ろした際にバラしたシフトリンケージを組み直しただけらしいが、それだけでこんなに変わるとは・・・


この場合ミッションを降ろしたのでリンケージ回りもバラすため、このケーブルも外してる可能性が高く新たに調整したのでフィールまで変わったのでは?と想像してます。

|

« 2010 元旦 | トップページ | 前記事の件・・・ »

コメント

なにげに読み返してたら、調整するケーブルは合ってるけど、横のストロークじゃなくて縦のストロークになるよね、この場合(¨;)
もう2年以上前のことを思い出して書いてたら思い込みで書いてしまってすみませんm(_ _)m

因みに、もう一方のケーブルも弄ってみたけど、これといった良い結果は得られませんでした。
あれこれ試すとベストな位置が見つかると思うんですけど…

投稿: うらら@岡山県 | 2010.01.11 21:36

あちゃー(¨;)
これシフターの高さを調整するには、やっぱり横のストロークを調整しないとダメなのよね…
ってことは調整するケーブルが間違ってると言うことになる_| ̄|○
思い込みにボケも絡めてしまって…ダメだね、もうブログ引退しないと(¨;)
この件は週末にでも実車で再確認してアップさせて下さいませ(。。)ペコッ

混乱させて申し訳ありませんm(_ _)m

投稿: うらら@京都 | 2010.01.12 15:37

うららさん、引退なんかしないでくださいね。
「ルポうらら」は貴重な情報源なんですもの。

ところで走行距離5万5千キロを超えたけんいちろー号は、1速の入りは気にならなくなりました。

投稿: けんいちろー | 2010.01.16 21:03

けんいちろーさん

もうボケが進行してます(笑

調整うんぬんもですがアタリが付いてくると入りが良くなりますよね。

投稿: うらら@管理人 | 2010.01.17 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24491/47262700

この記事へのトラックバック一覧です: シフトフィールを弄ってみる:

« 2010 元旦 | トップページ | 前記事の件・・・ »