« ルポ君 体力測定 2 | トップページ | タペットカバー オイル漏れ その後の後 »

2004.11.28

NGK イリジウムプラグ

ix_title.gif
ix_photo.gif  NGK イリジウムIX プラグへの交換レポートです。


またまた携帯写真のため画像がイマイチですが、ご勘弁願います。

今回、使用したプラグは、流行?のイリジウムプラグでメーカーはNGKを使用しました。
他メーカーからも発売されてるのですが、私は、昔からNGKが好きなんです。(笑)
某雑誌にて同一車種での、とっかえひっかえのパワーチェックが掲載されていたんですが、他メーカー製に比べて明らかにパワーが上がっていた事も要因ではありますね。後日パワーの測定をしてみますが、私は、パワーだけを、追い求めてる訳ではありませんよ。(笑)

使用プラグの品番はBKR6EIX-11を4気筒分の4本。希望小売価格1,600円/本
私は、スーパーオートバックスにて2本入りを3,360円で購入しています。えらく高く買ってるような気が・・・。(^-^;)
詳しくはNGKさんのHPを見て頂きたいのですが、イリジウムMAXプラグという1ランク上の製品もあります。
外側電極に白金を使用して耐久性をアップしてるらしいのですが、今回は、在庫が無かったし、耐久性は、ちょくちょく点検すれば良しとしておきます。MAXの文字が高性能を予感させますね。 200円/本のアップ。

交換作業
最初にエンジンを覆ってる化粧カバーを外さないとプラグコードさえも見えません。
カバーの外し方は前記事「フィラーキャップオイル漏れ その後」を参考にして下さい。(エンジンの熱が冷めてる時に作業しましょう)

CA240118.jpg CA240119k.jpg まず、プラグコードを抜くのですが黒いカバーが邪魔になってコードに指が、かかりませんから、躊躇せずにカバーを上に引っ張って指をコードの下側へしっかりと入れて(次の写真)引っこ抜きます。カバーは柔らかい材質なので少々の事では変形しませんからココは躊躇しない事が大事です。(笑)コードの細い部分を引っ張ったりペンチではさんで抜いたりするのはコードを傷めますのでやめましょう。まだカバーを壊した方が安くつきます。(笑)

CA240122.jpg CA240121.jpg16mmのプラグレンチを使ってプラグを外すのですが、使用したプラグレンチは当サイトの左サイドバー楽天に掲載されてるKTCの早回しスピンナが付いたタイプで当然磁石付き、肉厚が薄いので使い勝手が良くお気に入りのものです。

CA240126.jpg 外した純正プラグ VW アウディマークの付いたNGK製で外側電極が3本の変り種タイプです。
焼け具合は4本共揃っているし色も良好でした。
CA240128.jpg 新旧比較 先の電極部分がまるっきり違いますね。それと、新旧のワッシャーの厚みの違いにも注目です。

純正プラグを4本を外してイリジウムプラグに交換するのですが、普通に交換したのではおもしろくない?と言うことで燃焼効率(特に低回転)を追及した取り付けをチャレンジします。

ca240129.jpg プラグは中心電極と外側の電極の間へ火花が飛びますから、青い矢印のように外側電極に邪魔される向きよりも、オレンジ色の矢印の方向から混合気が入った方が良いと言う考えです。
「そんなもん変わるもんか~」って言われそうですが古い車では結構効果があったんですよ。しかし、最近のエンジンは燃焼効率を追い求めてるしスパークパワーも強力ですから・・・でも、純正のプラグが今回外したタイプのようなマルチスパークを採用するのは方向性を無くしたい為かも?などと燃焼効率アップに希望を抱いてのチャレンジです。

CA240131.jpg CA240130.jpg 方法はスピンナの部分にマーキングをして、そこへインテーク側へ向いて欲しい外側電極の無い方を合わせてセットします。

CA240123.jpg そっとプラグホールへ入れて早回しスピンナを使い手でいっぱい締まるまで回してそこから先はラチェットハンドルを付けて締めます。(写真の向きが変。 m(_ _)m)
CA240134.jpg ココからの締め付けはスピンナに付いたマークが気になります。 ところで新品プラグの締め付け方(締め付けトルク)ですが、私、ウン十年もの間、勘だけで締めてたもんで文章にするのはムズカシイのです。
新品のワッシャーが潰れる感覚が終わってからラチェットの中心を持ってクイクイッですね。あははっ(^-^;)
で、1本目を1番シリンダで試すとスピンナの黒いマークはインテーク側(エンジンの後方)を向いて欲しいのに無情にもエキゾースト側の方を向いています。この場合、そのプラグは外して次の2番シリンダで試します。(ピッチの微妙な違いなどで締め付け完了時のマーク位置は変化します。結局このプラグは3番でまあまあの位置に来ました。この繰り返しで下のような、結構満足出来る状態にセット出来ました。
ca240136.jpg 1番シリンダ ca240137.jpg 2番シリンダ
ca240138.jpg 3番シリンダ ca240139.jpg 4番シリンダ

中々上出来です。 2本くらいの予備プラグがないと満足の出来る結果が出ない事もあるので今回は大満足!
これでプラグコードとカバーなどを元に戻して完了です。

ca240141.jpg さてこの写真は??[おまけ]
よ~く見るとプラグコード(右)が外れています。そして、そこへはそこら辺に転がっている電線が繋がって1番のプラグへ(漏電防止もありますが、固定しにくいのでプラグコードと一緒に付けてあります。)これでエンジン始動!
スムーズにアイドリングしています。回転を上げてみますが、グオーンぐオーンと何の問題もなく回ります。
プラグコードが逝ってしまったなどの場合はこういった応急処置の方法もあります。

[ちょいと試乗]
暖気を済ませて少し乗ってみたのですが・・・アイドリング付近のトルクが強~~い!!(笑)
ちょっと先までタバコを買いに行っただけなので高回転は不明ですが、低速は強くなってますね。
アイドリングのままクラッチを結構ラフに繋いでもスイーッとギクシャクする事もなく発進します。
上り勾配で停車、少し気を使って繋げばクラッチだけで発進出来ます。低速が気持ちいい感じですよ。
アイドリングの音などは、変わってるようには思えません。

|

« ルポ君 体力測定 2 | トップページ | タペットカバー オイル漏れ その後の後 »

コメント

いつもながら、わかりやすい説明に感謝します。
坂道発進が楽になるなら、交換しますよ(^^)bあははっ

投稿: bb50bb50 | 2004.11.28 22:39

実は同じこと考えてました<プラグの向き。
でも角度法で締め付けたら、ひどいので180度近くずれたのがあって、断念しました。
なるほど、別の穴で試せば良かったのですね。

投稿: ほり | 2004.11.30 23:26

bb50bb50さん まいどです。
坂道発進、楽になりますよ~。ぜひ交換してみて下さい。

ほりさん こんにちは
コメントがめちゃくちゃ遅くなってしまって申し訳ありません。
プラグの向きに拘りましたか?!
同じ事をされる人がおられると妙に嬉しいです。(笑)

>別の穴で試せば良かったのですね。

かなり位置が変わりますからチャレンジしてみて下さい。
アイドリングと極低速では効果があるのではないか?と思ってるんですがねえ。

投稿: うらら@会社 | 2004.12.02 09:54

自分の場合、以前何かで読んだ記事の受け売りです。
やり直したいけど、どうしようかなぁ。

投稿: ほり | 2004.12.02 20:09

ほりさん こんばんは

ただいま帰りました。タイミングのいいコメントありがとうございます。

ところで、角度法と言う締め方が、私には理解出来てないのですが、締め方によっては、ある程度の調整は出来ますからねえ。

ゆる過ぎずに締め過ぎず・・・再チャレンジしてみて下さい。

では、また出発です。

投稿: うらら@管理人 | 2004.12.02 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24491/2089728

この記事へのトラックバック一覧です: NGK イリジウムプラグ:

« ルポ君 体力測定 2 | トップページ | タペットカバー オイル漏れ その後の後 »